ショパン.net 年代順に追うショパンの生涯とゆかりの地への旅

ピアノの詩人と呼ばれたショパン

ショパンの写真
Photo quoted from Wikipedia

ショパンはポーランド人で、19世紀を前半のロマン派音楽を代表する大作曲家です。

身体が弱く、わずか39年という短い生涯でしたが、子供の頃から音楽の才能を発揮し、ピアノ曲を中心に多くの名曲を作りました。

ショパンの作った曲は、「ピアノの詩人」と呼ばれるほど繊細で情感豊かな作風となっています。

その背景には、ショパン自身の性格だけでなく、当時の革命や激しい恋など、波乱の人生があったようです。

当サイトでは、年代順にショパンの生涯を追っています。そして、2010年はショパン生誕200年です。

当サイトをきっかけにして、音楽だけでなく、ショパンという人物そのものに興味を持って、ヨーロッパ各地にあるショパンゆかりの地などに旅行する人が増えたらうれしいなぁ〜と思います。

代表曲 Nocturne Op.9 No.2(ノクターン 作品9-2)

ショパンのことをそれほど知らない人でもこの曲は一度は聴いたことがあると思います。

Frédéric Chopin - Nocturne in Es groot, Op 9, nr. 2

この曲を聴くと、ショパンが「ピアノの詩人」と呼ばれる理由が分かると思います。

ノクターンはショパンが1831年に作曲した曲で、日本語では「夜想曲第2番変ホ長調作品9-2」として知られています。

ショパンゆかりの地マップ

ショパンゆかりの地マップ
ショパン ゆかりの地マップ »

ショパンは20歳でポーランド国内の混乱を避けて、オースリアのウィーンに移住してからフランスのパリ、スペイン領のマヨルカ島、フランスのノアン、イギリスのロンドンと拠点を移動しています。

最後はフランスのパリで亡くなり、結局、20歳で祖国ポーランドを離れてから、一度も故郷に戻ることができませんでした。

だからこそ、ショパンの曲には祖国ポーランドを強く思う曲がたくさん作曲されています。

ヨーロッパ旅行の体験談サイト

すでにヨーロッパ旅行している人がネットでその体験談を公開しています。こういったサイトは企業が運営するサイトに比べてリアルです!その国の本当の姿を知ることができるので、非常に参考になります。

以下は管理人のお気に入りサイトです。

別れの曲~ショパン名曲集
アシュケナージ(ヴラディーミル)
B001RRX39A
↑ 試聴できます!